大分市における部屋決めのポイントとは

大分市は大分県の県庁所在地というだけでなく九州内においても有数の中核都市として知られています。それゆえ、立地的な利便性を求めて同エリア内の多くの人がこの地に住居を求める傾向にあります。大分市におけるマンション選びにおいては、JRの日豊本線にある大分駅周辺がまずもっとも交通の便に適していることからそれに比例して価格も高値を付けており、また一方では大分市役所や県庁のあるエリアに至るまでは大分城や各種ホールが立ち並ぶなど文化的に充実した環境が魅力でこれまた高い人気を誇っています。そこから別府湾に至るまでの湾岸エリアは自然と潮の香りが魅力で、高層物件の海の見える部屋になるとそれだけで額が変わってくる傾向にあります。

ただし、このような中心部からバスで10分程度離れるだけで、月額3万円から4万円台の格安の賃貸物件が見つかるのもこのエリアの魅力と言えるでしょう。特に築10年以上が経過するものであれば手頃な値段で居住することが可能です。